ひざ痛の対策は、年齢と症状によって違う

これまで「ひざ痛」について

・ひざ痛は長い年月の悪い生活習慣の積み重ねで起こるもの

・ひざ痛の正体は、ひざの軟骨が減って膝の骨が直接当たってしまう痛み

・晩年痛くならない人は若い頃から対策をしている

ということをお話してきました。また、若い頃の生活習慣で

・重い物を持ち歩く人

・硬い床を歩く人

・体重が急激に増えた人

は要注意だということも述べました。

 

では具体的な対策をお話ししたいと思います。

それは、年齢および症状で以下の4つに分けることができます。

(A)40歳以上で既に膝が痛む人

(B)40歳以上で、たまに痛む、もしくはほとんど痛みの自覚が無い人

(c)39歳以下で既に膝が痛む人

(D)39歳以下で、たまに痛む、もしくはほとんど痛みの自覚が無い人

A~Dについて、次回の投稿から詳しくお話ししていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください