運動嫌いじゃないけどできない、そんな人にお役立ちします

整体がお役立ちできるケースは、私の考える限り3つあります。

(1)痛みで困っている人 (2)運動ができない人 (3)自分の体をよく知りたい人

では(2)でいう運動ができない人とは、具体的にはどんな状態を指すのでしょうか?

 

例えば「四十肩がひどくなってボールを投げることができない人」とか

「ちょっとしたことで腰を痛めやすく、運動することに恐怖心を持っている人」とか

「歩いてしばらくすると膝が痛くなってしまう人」などです。

 

健康診断の結果、いくつかの数値が悪く「もっと運動しましょう」とお医者さんから言われても、

上記のような状態ではなかなか始められないのも当然だと思います。

だから、私はお客様に「運動が好きか、嫌いか」をまず聞いて、

「体を動かすことは嫌いじゃない」というお返事をもらったら、

今の状況で、どんなものがとっかかりやすいか、

できるだけ若いときのスポーツの経験が活かせるよういくつも提案を差し上げています。

 

「そもそも運動することが好きじゃない」というお客様には、

整体に定期的に通って、体をスリムアップ(痩せるという意味ではなく、コリを減らし状態を向上させるという意味)して頂くことをオススメしています。

体が軽くなると、ご本人の考え方も変わってきて「ちょっとやってみようかな」という気になることが往々にしてあるからです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください