ひざ痛の正体について考える

そもそも「ひざ痛」の正体とはなんでしょう?

諸説ありますが、私はこう考えます。

「膝の関節の間にある軟骨がすり減って、上膝骨と下膝骨が直接当たってしまうことによる痛み」であると。

 

二十歳をピークに膝の軟骨は加齢と共に減っていきます。

自然減ならまだいいのですが、それに拍車をかけて膝を上下からの圧力が襲います。

例えば

・重い荷物を持ってしゃがんだり立ったり

・コンクリートのような硬い床を裸足同然で駆けまわったり

・運動不足で急激に体重が増えたり

など。

 

その度に上からドシン下からドシンと衝撃を加え続けられて、あるとき膝の骨そのものがぶつかり合いはじめてしまいます。

骨には神経が通っているので衝撃が痛みとして現れるのです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください