おりかさ整体での腰痛解消方法

腰痛を防止するためには

①太ももの後ろの筋肉(大腿二頭筋)の柔軟性を保ち

②前屈の際、顔の位置を変えない

というお話をしました。

では、それでも腰痛になってしまった場合、当店ではどんな施術をやっているかお話しします。

図は人間が前傾姿勢になった状態です。

赤の大腿二頭筋を伸ばし、黄色の骨盤を回転させ、青の背筋(広背筋)を伸ばす

この3つが機能して初めて前傾姿勢ができます。

だから、前傾ができないほどの腰痛になった場合、

①硬くなっている「大腿二頭筋」に圧をかけて伸ばし

②骨盤の回転に使っている股関節と仙腸関節を緩め

③硬くなっているであろう広背筋と外腹斜筋(お腹の横の筋肉)を緩めるています。

仮に青の部分だけの施術で済ませると、他の2か所が改善していないため、

近いうちまた腰痛になる可能性が高いと考えられます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください