毎年決まってこの季節に流行る「アレ」

当店には肩こり、腰痛、首痛、足のだるさ、など様々な要因でお客様がご来店頂くのですが、

こと、この季節になると急増するものがあります。

それは「座骨神経痛」です。

「座骨神経痛」でお悩みの方が1日で3人連続ということもあります。

では、なぜこの季節になると「座骨神経痛」のお客様が増えるのでしょうか?

 

まず、座骨神経痛は「骨盤の歪み」によって起こります。

骨盤が定位置にあれば神経に触れずに済んだのに、歪みが起こって神経と接触しそれが刺激=痛みとなって脳に伝わってしまうのです。

次に、なぜ骨盤は歪むのか?

骨盤は中央にある逆三角形の骨「仙骨」と象の耳のような形をしている「腸骨」の3つでできていて、その間には「仙腸関節」というものがあります。

立ったり座ったりを繰り返していると、仙腸関節は適度なスキマを維持できるのですが、

座る時間が長くなるとスキマの一部が詰まり定位置を維持しづらくなるのです。

また、年齢と共に筋肉が衰えるのも要因のひとつで、お尻の筋肉が弱いと重力に負けてだんだん下がってくるのです。

 

では、どうしたら座骨神経痛の悩みから解放されるのか?

スキマが減って、弾力がなくなり、重力に負けて下がってきたものは、下から持ち上げて定位置に戻したら、その近辺をほぐして弾力を復活させてあげればいいのです。

発想は単純ですが、下がった骨盤を持ち上げるのはけっこう難しく、自分自身でなんとかなることはありません。

なので、座骨神経痛のお客様が来店したら、私は、ウエイトリフティングの選手になって、硬くなった骨盤を持ち上げます。

ちなみに、けっこう力が必要な動作ですが、当のお客様はあまり痛みを感じませんのでご安心ください。

Follow me!

毎年決まってこの季節に流行る「アレ」” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください