「腕が上がらない」を防ぐには

本日のgoogleページに投稿した記事をもう少し詳しく解説します。

( https://seitai-oami-orikasa.business.site )

そもそも「腕が上がらない」という現象はなぜ起こるのでしょう?

それは筋肉というものの特性を理解していれば容易にわかることです。

 

よく、「歳を取ったから筋肉が衰えた」という人がいますが、それは間違いです。

筋肉は使えば使うほど発達するし、使わなければどんどん衰えていきます。

例えば、若い男の子が病気などで3か月くらい入院していると、退院の頃には脚が細くなっています。

若くても使わなければ筋肉は衰えるという証拠です。

 

さて、本題。

腕が上がらないのは「腕を上げるための筋肉を使っていないから」

言い換えると「腕を高く上げる動作を日頃していないから」ということになります。

だから、キャッチボールでも、バレーのサーブでも何でもいいから、

「腕を高く上げる動作」を日常的にやってほしいのです。

これが「腕があがらない」を防ぐ一番簡単でお金のかからない方法です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください