椎間板ヘルニアはどうして起こるのか?

発症したら劇的な痛みに悩まされる「椎間板ヘルニア」

今回はそれが起こる原因についてお話ししたいと思います。

背骨は頭の頭蓋骨からお尻の骨盤をつなぐ24個の骨でできています。

(首の骨7+胸の骨12+腰の骨5=計24)

これらの骨同士は直接つながらず、間に軟骨(椎間板)というのを介してつながっています。

軟骨は水分を含んでいて、上下からの圧力を受け止めることができます。

ところが、この軟骨は20歳をピークに老化していき、だんだん弾力を失っていきます。

そんな中、重い荷物を中途半端な姿勢で持ったり、介護で人を抱える際力任せでやったりすると、軟骨が少しずつ潰されていきます。

潰された軟骨は骨の断面をはみ出て、いずれその脇を通っている神経に触れるようになります。

その神経を軟骨が圧迫し、痛みにつながるのです。

 

・・ということは、椎間板ヘルニアにならないためにはどうしたらよいか?

1)運送業や介護職などは、椎間板ヘルニアが発症しやすい職業であると自覚すること

2)その上でなるべく正しい姿勢で持ち上げる様心がけること

3)職場で理解がないとあきらめずに、話し合うこと

4)3がだめなら、その職業にあまり長く従事しないこと

理想論というかもしれませんが、椎間板ヘルニアを発症しても労災認定される可能性は低いです。

(痛みが出てから動き出しても、仕事外の日常生活は問題ないと証明できない限り難しい)

痛い思いをするのは本人だけです。

おかしいなと思ったら、まず医療機関で写真を撮ってもらい、自分の腰の現状を把握するところから始めましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください