楽々筋力アップの方法

「ミドルエイジでもできる筋力アップの方法」の話のつづき。

背中と同様、比較的大きな筋肉がついている太ももは、

前に「大腿四頭筋」後ろに「大腿二頭筋」という筋肉があり、それぞれ役割が違います。

大腿二頭筋は、「立ち上がる時」「走り始めるとき」「背伸びするとき」に使い

大腿四頭筋は、「静かに座るとき」「走っている状態から止まるとき」「しゃがむとき」に使います。

だから、上記6つの動作のうち、「日々足りないな」と思うものを多く取り入れることで、筋力アップにつながります。

次に「二の腕」ですが自分から見える部分を「上腕二頭筋」、見えない後ろの部分を「上腕三頭筋」といいます。

上腕二頭筋は俗に「力こぶ」のある場所で、『この部分はあまり鍛えたくない』という女性は多いと思います。

たるんだ「上腕三頭筋」を多くの女性が「振袖」と呼んでいるので、こちらの鍛え方をお話しします。

上腕三頭筋は「腕を伸ばす」「上に押し上げる」などの役割があるので、手っ取り早い鍛え方は「バンザイ」

ただし、従来のバンザイは手のひらを相手に向けるのに対し、手の甲を相手に向けてやると上腕三頭筋がそつなく使われます。

背を壁につけて、手のひらが壁に触るようにバンザイをやるといいでしょう。

これがやってみるとけっこうきついんです。1日10回でOK。

ふくらはぎの鍛え方については次回お話しします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください