睡眠の質と疲労の関係

一日の疲労を十分に取り除くにはどうしたらいいのでしょう?

まず、前提条件として、お風呂や整体では疲労は取れません。

あなたができる「疲労を取り除く」行為は「睡眠」だけなのです。

だから、いかに睡眠の質を上げるかが疲労回復のカギなのです。

では具体的にどうしたらよいのか?

まず十分な睡眠時間を確保すること。個人差はありますが最低6時間欲しいし、8時間取れれば申し分ありません。

次に寝入りをスムーズにすること。それには毎日きちんとお風呂に入り、体を温める必要があります。

人間は体温がいったん上昇してから、徐々に下がっていくと眠気を誘発します。雪山で眠くなるのはこの原理です。

また、寝る30分前はパソコンやスマホは控えましょう。

光を放つディスプレイを見てると交感神経が優位となり、寝入りの妨げになります。

スムーズな寝入りができたら、今度は最中を良好であり続ける工夫です。

まず、飲酒はマイナス要因と考えてください。

酔うと寝入りはしやすくなりますが、脱水症状に襲われる可能性が高いため、決して良好な状態とはいえません。

また、お風呂に入ると適度な水圧が体にかかるので、よい意味での疲労感があり眠りが深くなります。

整体も同様で、体をほぐすと体中の老廃物が流れやすくなり、寝てるときにリンパを通って腎臓まで運ばれていくので

翌朝はすっきり起きられます。

つまり、疲労を取ることができる方法は「睡眠」だけですが、その質を向上させるのに「お風呂」や「整体」は有効ということです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください