体年齢の若さは行動も変える

機械製品の会社を経営しているAさん(男性)

当店が大網白里市にオープンした年に初めて来てくださったので

もう10年のお付き合いになります。

Aさんの主な悩みは「背中が張ってしまうこと」

こちらから仕事についてあえて聞くことはしませんが、

ときどきこぼすお話を聞くと「社長業って大変なんだな」と思います。

「背中が張る」という現象は、スポーツなどの激しい動作では起こりにくく

むしろ、じっと座って細かい作業をやり続けたときに起こり易いです。

一度溜まった背中の疲れは、

寝ている間に寝がえりを打つことによって大分解消されますが、

若者と違いあまり寝返りを打たない(打てない)年配者には、

「整体でほぐす」などのプラスアルファが必要です。

もしかして、Aさんがひょっと現れるときは、

『寝ても背中の疲れがとれないな』と感じたときなのかもしれません。

そんなAさんが、最近では脚の施術をよく希望します。

めずらしいなと思い、訳を聞いてみると

昨年秋に柿を取ろうとしてジャンプした。着地の体制が悪くて左のひざを痛めてしまった。

ひざの片方を痛めると、両足で均等に踏ん張ることができません。

結果、何でも無い方の脚に負担がかかり疲れやすくなってしまうのです。

それにしても「柿」のためにジャンプとは!

10年の施術の積み重ねがAさんの体年齢を若返らせ、

『あのくらいなら取れる』と思わせたのかもしれませんね。

お問合せフォーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください