最高の目覚めを得るには、自分のリズムを見つけましょう

最高の目覚めを得るために、十分な睡眠時間、より良い睡眠の質が必要と述べましたが、

第3の条件、「本人のリズム」についてお話ししたいと思います。

まず、寝る時間。

夕食と就寝の間は、最低2時間以上、できれば3時間取ったほうがいいです。

食べたものの消化は個人差はありますが、だいたい2~4時間です。

糖分と脂分が多く含まれていたり、飲酒を併用すると長くなる傾向があります。

胃袋での消化は人間の代謝の10%を使ってしまうので、その仕事が終わった後で眠りに入るほうがスムーズなのです。

そして起きる時間。

人間の体内時計は、実は1日25時間で動いています。実際の1日の単位24時間と比べ、1時間もずれているのです。

そのズレを補正してくれるのが「太陽光」

朝起きたら、すぐ日の光を浴びましょう。すると、体内時計が実際の時間に補正されます。

だから、起きる時刻は、日の出以降なら何時でもいいということです。

この2つの条件を私の例で当てはめてみます。

本日(11/8)の日の出が6:06でした。そして昨日の夕食を食べ終わったのが20:30。

2時間後の22:30に寝て、6:00に起きれば7時間30分の睡眠が取れます。

なので今、私は遅くとも22:30には床に就き、23時までに部屋の明かりを消し、

その30分の間はテレビやスマホを見ないようにしています。

翌朝は6:00に起き、晴れていようが、雨だろうが外の日差しを浴びて1日の始まりとしています。

この生活を始めてから、体調がいいような気がします。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください