• 首の違和感が取れない
  • ときどき頭痛がおこる
  • ストレートネック気味だと思う

パソコンは肩こりになっても、首はたいして疲れなかった。

スマホの普及が「新たなタイプの首痛」を生み出しました。

頸椎の構造を理解して施術をすれば、高確率で解消できます。

【ストレートネックとは】

◆人間の首はゆるいS字カーブを描いており、7つの骨が均等に頭の重さを支えています。スマホを多用すると、顔が前のめりになり、カーブがだんだんなだらかになって、首の上部の骨に負荷が集中します。

◆今までの首の疲れは主に肩こりから派生したもので、首周りの筋肉をほぐすことで緩和できました。ストレートネックの場合は、目に見える首の肉の中ではなく頭の内側に埋没しているため、従来のやり方は通用しません。

◆ずれている首上部の骨を正しい位置に戻すには外側から圧をかければ良いのですが、前から後ろへ押すことになり、その間には「気管」があるので容易にはできません。

◆そこで首を指先の数点で支え、頭蓋骨の重さを利用して前にせり出した骨を後方から引き戻す全く新しい施術方法を開発しました。自然な力をゆっくりかけるので痛みもなく心地よく感じます。

20分の施術で首の動きが劇的に変わります

【この施術を受けたお客様からの感想】

◇毎朝、首の痛みで目が覚めていたのだが、この施術を受けるようになったある日、首の痛みを伴わない目覚めができるようになった。(70代男性・医療関係)

◇イライラのためか頭痛がするので受けてみたら収まった。(50代女性・主婦)

◇仕事のプレッシャーから耳鳴りがするので、この施術を受けてみたら音の感じが小さくなった気がする(50代男性・建築関係)

ストレートネックの解消は

①お仕事が過渡期になる前

がチャンスです。(重症化すると回復も遅いため)