ひざ痛の解消(庭のお花を自分でお世話できる。立ってもしゃがんでも痛くならない)

60代女性の約4割、70代女性の約7割が「変形性ひざ関節症」であると言われています。晩年、ひざ痛の人が増える理由として【膝の軟骨が経年劣化】→【半月板がダメージで割れ、破片が靭帯に当たり神経を刺激して痛む】と言われています。それにプラスして「若い時に重労働した人」、「30歳以降、運動不足により急激に体重が増えた人」は進行が早まる傾向にあります。当店では、お医者さんに「骨に異常なし」と言われて、かつ、膝に水がたまっていなければ、施術でひざ痛を確実に減らせます。根拠として〈A:階段を降りると膝が痛む人〉、〈B:長い時間座っていて、急に立ち上がろうとすると痛む人〉、〈C:正座をすると痛む人〉、〈D:床に膝をつくと痛む人〉という風にひざ痛を4タイプに分類して科学的に対処します。なお、お問い合わせの際は【どんな動作をしたときにひざが痛むのか?】、【いつごろから自覚があるのか?】、を教えてくださればOKです。