「足のむくみ」を簡単に取る方法

足のむくみの原理はご理解頂けたと思いますが、

では、その対策についてお話ししたいと思います。

 

老廃物は体のそこら中に散らばっていますが、腎臓より上、すなわち上半身にあるものは、重力によって押し下げられます。

問題は下半身にたまった分。

それを解決するカギの一つは「お風呂」です。

 

お風呂に入ると水圧がかかります。お湯の温かさによって老廃物が流れやすい環境が整い、その圧力で老廃物が押し出されるという仕組みです。

ただし、ふくらはぎにたまった老廃物(むくみ)は多量なのでこれだけでは取り切れません。

それには「足踏み」が有効です。

片足に体重を乗せると、ふくらはぎの筋肉(腓腹筋・ヒラメ筋)が伸び縮みして、まるでポンプのように老廃物を押し出してくれるのです。

よって、お風呂に入る前に、5分程度の足踏みをすると、その日にたまったむくみの大半が取れることでしょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください